名前が恋愛にかわってる

ああ、やっと平清盛の数字がちょこっと上がった。
内容が自分にとってすごく面白いのも、数字が苦戦してるのもどっちもわかる。が、わたしはこのドラマ、買っております。人物の造形がいい。演技がいい。玉木くんが出てるんで我慢してみてた篤姫は全体になんかどうにもダメだったけどこれは深みがある、そして麻呂役者が特にみんないいんだわ!
なんといっても完璧な悪魔のような山本耕史がもう憎くて憎くて素敵キスマーク
彼には一生腹ん中真っ黒な藤原氏として生きてもらいたい手(チョキ)

あと、そう簡単に好感持たせてもらえない玉木義朝の俺様っぷりと、由良御前との火花散るケンカっぷりもいいわー。こんな言いたい放題な夫婦がこの時代にいたんだろうか。
世間ではどう評価されてるのかいまいちわからないけど、松ケンの清盛、わたしは好きです。
初めてこの人の演技に惚れました。こういう暴れぼくちゃんキャラ、嫌いじゃない。
この時代背景、このドラマには、これから見たいシーンがいっぱいあるのです。わくわくハート

あっ、そういや玉木くんの会報、きた!びっくりした。
名前が恋愛にかわってる、そして嬉しいおまけと裏話つき。
そうかあ、この節目までしっかりファンやってきてよかった。
これからもついてきますとも!

なんといってもこれでやっと封筒見るたびムスコに「たまく○いからなんか来た」と言われずに済む指でOK

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ